正社員パーソナルトレーナーの求人/転職/就職情報/専門付属スクール(東京)

パーソナルトレーナーの採用
  
先輩トレーナーの声

◆新城康文トレーナー

皆さま、はじめまして。 アームリンググループ、パーソナルトレーナーの新城康文と申します。パーソナルトレーナーとしてもうすぐ4年が経ちます。体力アップ、筋力アップ、健康維持・増進、ダイエット、シェイプアップ、スポーツのパフォーマンス向上、ケガのリハビリなどさまざまな目的をもって来られるお客様に対して、トレーニングを提供するのが私の仕事です。 このページをご覧になっている方は少なくとも運動が好きでスポーツトレーナーという職業に興味を持っていることと思います。

…続きを読む

“運動が好き”実はこれこそがスポーツトレーナーに一番大切な想い(資質)だと思い ます。好きな事であれば、少々辛いことでも高いモチベーションを保って追求できると思うからです。 私自身、幼少の頃から野球や陸上競技などが好きでずっと続けてきました。部活動では副部長を任されることが多く、常に部長を支えるという役割をしてきました。 将来はスポーツに関係のある仕事に就きたいとずっと考えていましたが、 大学の体育学部を卒業してからは地元沖縄で体育教師を目指していました。 体育教員という職業もスポーツに関係していてそれなりにやりがいのある仕事ではありますが、当時の私は『もっと専門的にトレーニングについて学びたい』と強く思うようになり、 指導者としてスポーツトレーナーという職業に就きたいと考えるようになりました。 スポーツトレーナーになるにはどうしたらいいかと、インターネットでいろいろ調べ ていた頃、アームリンググループの求人のHPと出会いました。まさに現在の皆さまと同じ境遇で はないでしょうか。 まずはアームリング・フィジカルプラザのHPの文章をくまなく読みました。 読んでいくうちに惹かれる何かを感じてさっそく問い合わせの電話をしました。 そして実際にトレーニングを受けさせて頂いたり、採用面接時に加藤代表や他のス タッフの方々と触れたときに『この施設だったらスポーツトレーナーとして、自分を成長させることができるのではないか、ここのスタッフの一員になりたい』と強く感じたのを覚えています。 そしてアシスタントトレーナー(研修生)として受け入れてもらえるようになり、私の研修生活がスタートしました。今までトレーナーとしての経験はもちろんなく、それに加えて地方出身ということもあり、始めのうちは『東京でうまくやっていけるのか』という不安も正直ありました。しかし加藤代表をはじめ、先輩トレーナーの方々が親身になって、一からいろいろなことを研修で教えて頂き、 不安なことも少しずつ解消され、徐々に成長することができたと思います。 フェアな環境だったからこそ、素直に多くの事を学ぶことができたと思います。 “パーソナルトレーニング”というトレーニングスタイルはトレーナー(指導する 側)とトレーニー(指導される側)との信頼関係があって成り立つものです。 当施設にトレーニングを受けに来られる方々は、社会的地位のある方であったり、競技力向上を目指すモチベーションの高い方であったり、本当に素晴らしい方々ばかりです。 トレーニング以外ではいろいろお話をさせていただいて、勉強になることも少なくありません。 そういう方々とお付き合いをしていく上で、やはり言葉遣いや挨拶、コミュニケーション能力やおもてなしの精神などがとても大事だということをまず学ばせてもらいました。 そのための鍛錬のひとつとして、掃除文化が当施設にはあります。 徹底的に身の周りを掃除します。トレーニングルームはもちろんのこと、ロッカーやトイレ、お客様の目の届かないスタッフルームなど隅々にいたるまで。 そういう細かい所にまで気を配るようになると、自然と相手の事を想いやれる感性も養われます。 “クレド”のページの一番最後にもあるように、凡事徹底して掃除に努めます。 綺麗な環境ではやはり仕事の能力もパフォーマンスも自然と上がります。 そしてなにより常に綺麗にしておくと気持ちが良いですよね。 トレーニングに関する知識や指導技術についても専門的に学ぶことができます。 さまざまなトレーニングメソッドが行き交う昨今ですが、本物のプロのパーソナルト レーニングとは何かを学ぶことができます。 身体の仕組みや各スポーツ種目に応じたトレーニング法、ストレッチや体のケアの仕 方やメンテナンス、またケガをした方へのリハビリや治療法にいたるまで、多くの専門知識や実技を学ぶことができます。パーソナルトレーナーはトレーニングを提供するだけではなくて時として、治療家であったり、メンタル的なサポートをする立場であったり、さまざまなことが要求されます。 またトレーニングの知識や技術以外にも多く学ばせてもらっています。 私の場合、例えばホームページ関連についてです。 現代のインターネット社会ではホームページはわが社を知って頂くのに重要な、いわばショールームのような看板もしくは顔的な役割を担っていると思います。 マーケティングも含めて、実際のホームページの運営の仕方など、全くの初心者からのスタートでしたが、ようやくその仕組みが理解でき、運営担当を任されるまでになりました。 しかしインターネットの分野は日進月歩なので、まだまだわからないことも多々あり、これからも日々勉強することが大切だと痛感しております。 この経験はもし私自身が独立開業をするとき、非常に役に立つ財産だと考えております。 研修期間の数ヶ月は毎日が勉強で本当に充実した日々でした。 トレーニングについてはもちろん、この仕事をしていく上での基盤となる“仕事力”や“人間力”が 徐々に身についてきた様に思います。 そしてそれはこれからも日々ステップアップして高めていきたいと思っています。 パーソナルトレーナーの仕事はお客様に“運動・スポーツ・トレーニングの素晴らしさ”をお伝えして、その方の目的達成のために共に歩んでいく、そしてお客様の目的が達成された時、喜びを共に分かち合える本当にやりがいのある仕事だと思います。 その一例を挙げますと、私が担当させていただいているお客様のなかに、最年長で84歳の女性の方がおりますが、その方が私の事を『先生』と呼びます。 もちろんトレーニングに関してはプロですので、そう呼ばれることは当然といえば当然のことなのかもしれませんが、『先生のおかげで毎日元気に生きてます』という感謝の言葉を頂いた時に強くやりがいを感じることができました。 そしてお客様を支え返すためにも、もっともっとパーソナルトレーナーとして自分を成長させたい、と思いました。誰かに感謝される仕事ができるのは最高にやりがいを感じることができます。だから私はこの仕事を一生の仕事にしよう、とあらためて強く思いました。 また我々パーソナルトレーナーもお客様の見本になるよう日々のトレーニングは欠かせません。 もともと体を動かしたり、鍛えたりするのが好きなので勤務終了後には、トレーナー 同士お互いにトレーニングし合います。これも充実した楽しいひとときです。 それに加えて毎年、年に1度、研修の一環としてスタッフ全員でフルマラソンに挑戦しています。 フルマラソンは決して楽ではありません(笑)しかし、だからこそ自分自身と向き合える最高の研修だとも思います。走った人にしかわからない、ゴールした後の何とも言い表せない充実感を味わうために、1年間マラソンの練習にも励んでいます。 マラソンもまた“人生”に似ていますよね(笑) 運動が好きで向上心と体力があり、スポーツトレーナーを一生の仕事にしたい、と強く切に願っている方にとってはアームリングは自分を成長させることができる最高の場所だと思います。 そして我々はそういう仲間を心より歓迎します。 同じ想いを共有できる仲間のためなら精一杯お力になりたいと思います。 最後まで読んで頂き感謝します。ありがとうございました。

◆横井和広トレーナー

皆さま初めまして。 私はパーソナルトレーナーとして、このアームリング・フィジカルプラザに勤務させて頂いています横井和広と申します。 最初に私たちの仕事の事と、仕事についての私の思いを書いていきます。 私たちの仕事は、いろいろな目標、目的を持ってお越しになる会員様一人一人に合ったトレーニングを提供し、その目標、目的達成の為のお手伝いをする仕事です。 数あるトレーニング施設がある中で我々の施設を選んで頂いた大切な会員様が安全、安心してトレーニングに打ち込める環境づくりも大事です。

…続きを読む

その為に、トレーニングに仕様する器具、道具にもこだわり、そして、常に清潔な状態を保つことで気持ちよくトレーニングに励んで頂きます。 トレーニングもパターン化しないよう、その方に合ったトレーニング法を毎回考慮し、その日の体調と照らし合わせて行います。 ですので、毎回緊張感を持ってトレーニング指導を行っていかなければいけません。 当たり前ですが会員様の目標、目的の為に我々は全力を尽くす事が最優先されます。 体が変われば、生活が変わり生活が変われば、人生が変わります。その喜びを多くの方々に伝えていきたいと私は思います。 この業界を一生の仕事にしたいと考えられている皆さま。まず、私が言える事は素直で強い意志を持っている事そして、ステップインする勇気。これが本当に重要な要素です。 私自身30歳を過ぎてから自分の将来を深く考えるようになり一生一度きりの人生だから悔いを残したくないと思い夢であったトレーナーという仕事を選択しました。(ちなみに前職は自動車の整備士でした。) 数あるトレーニングジム、施設に履歴書を送りましたが、私にはトレーナーとしての経験や関連する資格が無いという事で受け入れてもらう事は難しく、半ば諦めかけていた時、アームリング・フィジカルプラザのホームページを目にしました。 私の妻が、「すごく興味深いパーソナルトレーニングジムがあるよ!」と私に教えてくれたのです。 そして、じっくりとホームページを見て思ったのが、仕事に対する真剣さや想いでした。 ここしかないと思った私は、その日の内に履歴書を送りました。数回の面接等を繰り返し、研修スタッフとして受け入れてくれることになり鹿児島から東京へ、自分の信念を貫く為に2年前に上京しました。 まず、入社してからは研修生としてスタート。何も分からない私にとって毎日が充実した日々でした。 代表を始めとする先輩トレーナーの方々の研修は中身が濃く細部までこだわったもので、今まで自分がやっていた事がこんなにも浅かったのかと痛感させられる事ばかりでした。 しかし、厳しい中にも今までの体験や経験をもとに親身になって出し惜しみすることなく教えて頂ける事に感動しました。パーソナルトレーナーとしての基礎からコミュニケーションスキル、電話応対そして、当施設が力を入れている掃除業務。 その他にも将来独立してやっていく為に必要なマーケティングやホームページ関連の勉強にも、スタッフ全員で取り組んでいます。 施設の雰囲気も明るくトレーナー同士しっかりと意見交換のできるオープンな環境です。 業務終了後は全員でトレーニングをしたり、毎年宮古島で開催されているフルマラソンにも参加したりと活気があり本当に楽しい職場です。 たくさんの経験をさせて頂いてパーソナルトレーナーとしてもそうですが社会人としても1回り2回り大きくなる事ができると感じています。 アームリング・フィジカルプラザにはたくさんの学びがあり人生は死ぬまで勉強だという事を思える場所です。 最初にも書きましたが素直で強い意志を持ちステップインする勇気のある方。人生を真剣に生きていきたいと考えている方には最高の職場だと思います。

◆加藤憲子トレーナー

皆様、初めまして。 加藤憲子と申します。 私はアームリング・フィジカルプラザでパーソナルトレーナーをさせて頂いております。 皆様は、期待と同時にどんな施設(職場)なのかな?!、パーソナルトレーナになれるのかな?!とご不安を感じてる方もいらっしゃるかもしれません。 その辺のあたりを、私の実体験などをとおして、お話しさせていただきます。 私はスポーツをすること、トレーニングをすることが事のほか好きです。 そして、人の役に立つ仕事に携わりたいと常々思っていました。

…続きを読む

パーソナルトレーナーという職業は私にとって、まさに天職です。 天職だなんて、大袈裟に聞こえるかもしれませんが、私はパーソナルトレーナーという天職に出会えたのです。 パーソナルトレーナーとは、定義は様々有るかと思いますが、私の思うパーソナルトレーナーとは、お客様に寄り添い、共に歩んでいく職業だと思っています。 もちろん、結果をだすことはプロとして必須だとも考えております。 では、寄り添い、共に歩んでいくことで、様々な目的をお持ちのお客様の、目的の達成のために、必要なことは何なのか!! それは、『相手の立場に立って考えられる事』だと思います。 その思いを持っていれば、自ずから、今何をすべきかが導きだされます。 それを積み重ねていくことが、お客様だけではなく、スタッフ間=職場(環境)の活性化にもつながっていき、最終的にお客様へのトレーニング指導へ返って行くからです。 全ては繋がっていると思います。 代表がよく私たちに言ってくださる言葉に『人はトレーニングによって、身体を変えられます。 身体が変われば人生が変わります。』お客様に向き合う時、私はいつもこの言葉を心で唱えます。 人生を変える貢献。それは、人の役に立つことの最上級ではないでしょうか。 人に役立つ事が出来、さらには、お客様の笑顔や、感謝の言葉を頂戴でき、これらは何物にも代えられない、私自身の糧・宝となっています。 人に喜ばれる事というのは、お互いの幸せを分かち合うということ。 自分の好きなことを活かし、そして感謝さえれる素晴らしい職業だと日々実感しています。 突然ですが、『オレンジ色』についてイメージしてみてください。オレンジ色にも十人十色のイメージが存在するかと思います。 あくまで、私個人のイメージですが『暖かくて、包容力』をイメージさせます。 私たちの職場、アームリング・フィジカルプラザは、私にとって色で例えると、まさに『オレンジ色』です。 スタッフどうしは、良き仲間。決して狎れあいのナカヨシではなく。お互いを高め会え、それができる環境。 人と場に恵まれた中で自分自身を向上させることができることは、この上ない幸せなことと、私自身日々実感してしています。雑事に惑わされることなく、トレーナーとして集中してお客様と向き合え る、それがアームリング・フィジカルプラザだと思います。 自分が分からないことや、悩んだ時、気軽に相談でき親身に答えてくれる仲間。自分からステップインすれば、仲間は大きく手を広げて受け止めてくれます。 具体的にいうと、トレーナーとして独り立ちする前に研修生として、様々な細部にわたる事柄について、 代表や先輩トレーナーから教わります。(実際、教える側にも、教えることで改めて気づきを得たりと、お互いに高め会うことになります。日々学びですね!!) トレーニングに関する事は勿論、マーケティングやホームページに関する一切の事、そして、社会人としてのヒ素知識である、電話応対、言葉使い、掃除など。 『こんなに細かいところまで必要なの?!』と、思う事柄こそが、自分がトレーナーとして独り立ちした時に『このためのことだったのか!!!』と、大きなる気づきに驚かされます。 私も今なお、気づきの連続です。 ですから、基本が一番大事なのです。どれだけ基本をつき重ねていけるかが、大きなる差異を生みます。 アームリング・フィジカルプラザのトレーナー誰しもが、その時を迎え、成長した新たな自分と出会っています。私も研修時代に多くのことを学び、しっかりと基礎固めをしたため、不安など全くなくトレーナーとして独り立できました。そして、今に至っています。 是非、皆様にも、新たな進化したご自身と出会っていただきたいです。何年間後かのご自身が、この文章を読んでいる、まさに今の自分を振り返り『あんな心配なんて要らなかったんだ!』と笑顔でいることと思います。そして、共にその喜びを共有出来たら、仲間として嬉しい限りです。(その時は、もう仲間ですものね!) 新しい扉を開く、未知なる事への挑戦は、とても勇気が必要でだと思います。でも、一歩踏み出して良かったと、思えるご自身に出会えると思います。最後まで読んでいただきありがとうございます。

◆中舘裕樹トレーナー

皆様、初めまして。 アームリング・フィジカルプラザでパーソナルトレーナーとして活動しております中舘裕樹と申します。 まず現在までに至った経緯についてお話させて頂きたいと思います。 私の小さい頃の夢は、「プロ野球選手」になることでした。その為、小学、中学、高校とずっと野球を続けてきました。特に高校生の頃は、野球以外の思い出がほとんどないくらいに野球漬けの毎日を過ごしておりました。当時、私の所属していた野球部には外部からスポーツトレーナーやパーソナルトレーナーの方が数名来ておりました。そこで初めてこのような職業があるのだと知ることになったのです。

…続きを読む

トレーナーの方にはトレーニングのやり方や体力測定、ストレッチ等本当に様々な事を教わりました。専属のトレーナーというわけではなかったので、月に2回程しか指導を受ける事はありませんでしたが、毎回楽しみにしていたのを覚えております。 高校時代は私も一高校球児として「甲子園出場」を目指しておりました。その為に監督や仲間たち、トレーナーと日々練習を行っていましたが、結局その夢は叶う事はありませんでした。「プロ野球選手」という夢も同時に諦める事となりました。しかしその時、私が思ったのは、自身ではプロ野球選手や甲子園の夢を叶える事は出来なかったけれど当時、私を支えてくれたスポーツトレーナーやパーソナルトレーナーになれば同じような夢を持った人たちの夢を叶えてあげられる存在になれるのではないのかと考えたのです。 それからはスポーツトレーナー、パーソナルトレーナーとはどんな職種なのか詳しく調べました。 スポーツ系の大学や専門学校への進学を考え始めた時に、本当にたまたまでしたが私の通っていた高校にスポーツトレーナー科のある専門学校が説明会に来る事を知りました。わたしは迷わず話を聞きに行き、即入学を決めました。その後専門学校では2年間トレーナーになる為の勉強をし、充実した日々を過ごす事が出来ました。同時にスポーツクラブでのアルバイトも開始し、現場での経験も積むことが出来ました。専門学校在学中では、リハビリ関係にも興味を持つ事になり、卒業後には、高齢者施設にて高齢者の介護予防運動指導員として従事しました。そこでは、目的や夢は全く異なるもののその方にとっての目標達成の為に全力を尽くして参りました。例えば筋力の低下によって、外出が困難となった高齢者の方が再び一人でも不安なく外出出来るようになったり、膝や腰の痛みが軽減した等の報告も多々ありました。その時に言われた「ありがとう!」という言葉が本当に嬉しくて今でもはっきり覚えています。しかし6年目になり、仕事も慣れてきた頃、ふとこのままの仕事を続けていても良いのだろうかと考えるようになりました。今の仕事は楽しくて遣り甲斐もあるけれど、さらに自分自身の活躍の場を広げたい!さらに専門的な知識を勉強したい!と考え退職するに至りました。 退職後、パーソナルトレーナーになる為に、まず初めに考えた事はしっかりとした研修制度があるかという事でした。専門学校でスポーツトレーナーの勉強はして来ましたが、6年間というブランクがあった事や一番は経験が全くなかった事に不安を感じていた為です。 そこに重点を置き調べていると、ほとんどのトレーニングジムは経験のない方には研修制度ありという風に書かれていました。しかしその研修期間でどんな事を学べるのか等書かれていなかったですし、その期間も1~3週間といった短期間のものが多かったのです。 そこで学んだとして本当に一流のパーソナルトレーナーとして活躍出来るのか疑問を感じましたし、今回転職するにあたり、私はパーソナルトレーナーを生涯の仕事にする決意がありましたので、そういった想いから決めきれずにいました。 その時は、すでに前職の退職後で仕事もしておらず、収入も無かったので毎日毎日不安で押しつぶされそうになっていました。そんな時、インターネットでいつものように調べていたらたまたまアームリングプラザのHPを見つけました。 初めて見た時は、本当に驚きました!明らかに他のトレーニングジムとの違い、事細かに書かれた仕事への想い、アームリングで働く事のメリット(どんな事が学べるのか)、そして何より充実した研修制度がある事です。HPをくまなく読み、読み終わったときには「アームリングで働きたい!!」と素直に思いました。まさに思い描いていた会社に出会う事が出来たのです。 迷わず求人募集に応募しました。その結果、一次試験の書類選考で不採用。現実は決して甘くないと思っておりましたが、その時、本当の厳しさを感じさせられました。その後は再度、色々なトレーニングジムを探しましたが、アームリング程、惹きつけられる会社はありませんでした。そのまま時間だけが過ぎ、パーソナルトレーナーを諦めようとも思いました。でも最後にもう一度アームリングの求人を見てやはり諦めきれず、再度連絡をしました。すると3カ月後に再挑戦出来るとの事。私は3カ月待つことにしました。その期間はとても長く感じましたし、もし不採用だったら、アームリングで働く事は諦めようと考えておりました。でも今だから言えますが正直なところ、アームリングしか頭にありませんでしたので、もし今回も駄目だったとしても受かるまで受けようと考えておりました笑。 そして3カ月後、加藤代表や先輩トレーナーとの2度の面接を経て、スクール生として採用して頂く事が出来ました。一度は諦めようとしていたけど、今思えば、本当にあの時諦めずに再挑戦して良かったと思います。私のアームリングで働きたい!パーソナルトレーナーになりたい!という思いが届いたのだと思っています。 スクール生となってからは、週に一回、1時間の研修がスタートしました。そこでは、一から学ぶ事が出来、基本的な筋肉の名前から身体の機能的な使い方、身体調整といった現場でそのまま生かす事の出来る知識・技術を教わることが出来ました。しかも講師として社長である加藤代表に直接マンツーマンで教わる事が出来ました。この期間中は週一回の研修が楽しくてしかたありませんでした。今考えると本当恵まれていたなと感じます。その後、アシスタントトレーナーとして現場に出て、先輩トレーナーの指導風景や実際に会員様にトレーニングを指導する事もありました。ここまで出来たのも研修から実際の現場に出るまでのプロセスをしっかり指導して下さった加藤代表や先輩トレーナーの皆様のおかげだと感謝しております。 現在では、正社員パーソナルトレーナーとなり現場で指導させて頂く事が少しずつ増えて参りました。指導する会員様は、経営者や各業界で活躍されている社会的地位の高い方が非常に多くいらっしゃいます。そういった方々の指導というのは、ただ単にトレーニングを指導するだけではなく、礼儀や接遇、コミュニケーション能力など多岐に渡った能力が必要になります。パーソナルトレーナーとして知識を得て、成長していく事も大切ですが、一番大切な事は人間的に成長すると言う事です。人間的に魅力がない人間がパーソナルトレーナーとして魅力があるかと聞かれれば100%あり得ません。一言でいえば「人間力」という言葉ですが、この能力を高められる非常に良い環境であると思います。加藤代表に教えて頂いた言葉で非常に印象に残っている言葉があります。それは「人間力の高い人は、常に機嫌が良い」という言葉です。私は本当にその通りだと思います。確かにアームリングのスタッフ、また通われているお客様の皆様を見るといつも機嫌が良いという印象を受けます。仕事という観点から見れば、機嫌が良いというのはとても重要で、例えば逆に機嫌が悪い、または悪そうだなと感じる人がいたとします。その時にその周囲にどのような影響を与えるかというと、周りの人まで暗くする、相手に気を使わせるといった事が起こります。このように自分の事しか考えていないようでは、いくら仕事が出来る、業績を上げる人でも人間的な魅力は感じられませんし、人に求められる事もないと思います。 「自分の機嫌は、自分で取る」と以前、加藤代表から教えて頂きました。私は常にスタッフと接する時もお客様と接する時もいつでも同じように対応出来るように気をつけています。勿論、加藤代表をはじめ、スタッフの皆様は私よりも人間力の高い方ばかりですので、とても明るい雰囲気で仕事をする事が出来ます。私も入社してから大分変わる事が出来たと思っております。 ここまで長々と書いてしまいましたが、最後に一言書かせて頂きたいと思います。 それは「本質を見極める目」です。 多くの情報が錯綜している現代だからこそ、本質を見極める目という事は非常に大切な事だと思っております。これからパーソナルトレーナーとして活動される方はもちろん、すでにパーソナルトレーナーとして活動してる方にも是非一度考えて頂きたいと思います。 これから何に時間を費やすのか(何を学んでいくのか)これを間違ってしまうとパーソナルトレーナーとして、また社会人として一流にはなれないのではないでしょうか。現在では色々なコンセプトを掲げたトレーニングジム、またトレーニングに関しての情報も多くあり、どれが正しいのか見極める事は非常に困難であると思います。但し、本質は一つです。アームリングはその本質を学ぶことの出来る環境であると私自身、実際に働く事で強く感じています。 私もまだまだ修行中の身ですので、これから学ぶ事は多くあります。この文章を読んで、是非一緒に本質を学びたいと思った方、または一緒にアームリングで働かなくても少しでも学ぶ姿勢が変わった方がいらっしゃれば本望です。 最後までお付き合い頂き、感謝致します。ありがとうございました。


アームリングフィジカルプラザパーソナルトレーナーお申し込みはこちら
アームリング・フィジカルプラザでの7年間は間違っていなかった
新入社員の声
アームリングフィジカルプラザの求人ブログ・東京都文京区千駄木
代表のブログ
モニターのブログ



指導者養成塾入塾のご案内



採用に関するお問い合わせ
アームリング・フィジカルプラザ
〒113-0022
東京都文京区千駄木4-1-21K2ビル1F
Googleマップ
お電話でのお問い合わせ
℡ 03-3824-7871(担当:新城)
受付時間:11時~21時
メールでのお問い合わせ